低金利キャッシングへの借り換え

何件かのキャッシング・消費者金融への支払いがある場合、オリックスVIPローンやアットローンなどの大口融資を扱っているところへの借り換えはとてもよいことだと思います。それがかなりの低金利であればなおよいと思います。
ですが、多重債務者と言われる人たちは、大手のクレジット会社などの低金利キャッシングへの借り換えは、信用情報が悪いため、多くはお断りを受けることになっているのが現状です。そういう人たちはあきらめるしかないのでしょうか。
いえ、まだ方法はあるのです。
消費者金融で流れている信用情報は悪くても、小さな信用金庫などで扱っているフリーローンなどは、そういう情報は関係ない場合が多いので、申し込む価値はあるのです。
しかも、なかにはおまとめローンというのもあり、借り入れが多いというのを前提で、保証人、担保などで貸し付けをしてくれるところもあります。
ネットでいろいろなキャッシング情報を得ることができると思うので、視点を違う方向へ向けてみて、キャッシング比較と金利計算をしっかり行って、冷静に判断してみてはいかがでしょうか。

融資額と金利の関係

よくコマーシャルなどで宣伝される金融商品の最低利率は最大限(上限)の借入れをしていて、かつ信用度も高いときにしか適用されないのが通例です。一般の方が普通に借り入れをする場合は残念ながら高い限度額を使えるわけでなく、十万円や三十万円程度の限度額で運用されるので利息は最低の商品よりも最大の商品に近くなるのです。

つまり、一般の方が消費者金融を利用するとなると最低に近い限度額で最大の利率で運用することになりがちです。つまり最高利率の値の方が最低利率の値よりも必要になってきます。

コマーシャルでうたわれている最安利率の値で一喜一憂しているようでは、カードローンの選び方を理解していると言えません。一部会社はそうしたユーザーの声を反映したためか最大利息の低さをアピールポイントにしたりしていますので、比較材料にするとよいでしょう。

ただし、おまとめローンとか借り換えローンなどの、借入れを一本化する目的のローンは、借入額に対する適用金利が明確になっていますので、そうした商品であれば一喜一憂ということは無いでしょう。

借り換えの落とし穴

消費者金融のキャッシング業界では、現在、大口融資などを扱っているクレジット会社などが多数あり、小口に何件か支払いしていたものをまとめて一件にすることが可能になってきました。
振り込み手数料や手間、精神面で考えても楽になると思いますが、問題はその借り換えしたあとです。
個別に完済することになるのですが、こちらの会社にとっては、よほどの延滞がない限り、完済した時点で優良の顧客になってしまうので、以後、融資のお誘いの電話が来るようになります。
きっちり契約書の処理をしておかないと、カードにはさみを入れても契約書が残っていては、いくらでもすぐ借り入れをすることができてしまうのです。

低金利ローンに借り換えたと言っても、大口の融資になるのですから、家計を圧迫しているのは間違いなく、不意に急な出費がきたときにどう対処できるかによっては、また融資枠がたくさんある以前の消費者金融から借り入れてしまうというもっと悪いケースにはまる可能性があるのです。 ご利用は計画的にとはいいますが、キャッシングの借り換えの際には肝に銘じ、再借り入れをしないよう心がけましょう。

繁華街には必要不可欠?

どこの町に行っても、駅前などは消費者金融・キャッシングの看板でいっぱいです。アコム、レイク、アイフル、プロミス、武富士、女性用だと等々大手消費者金融の名前がずらずらと並んでいます。 借り入れをしている者の身になると、返済日などはATMのはしごをするのには楽ですが、街の景観としてはどうかなと首をかしげます。 消費者金融が生活に時には必要なのもわかりますが、こうも氾濫されてしまうとどこの街も同じに見えてきてしまいます。

これからお金の使い方を覚える子供達にとって、消費者金融・キャッシングというところを身近に感じすぎるのではないでしょうか。昔であれば闇にたとえられていた頃の方が、借金を軽く見ず、怖いものだと受け止めていたような気がします。 表に出てきた今だからこそ、それぞれの会社へ支店作りなどの工夫をしてもらえたらもっと共存しやすくなるのではないかと思うのですが、そうもいかないのでしょうか。