多重債務をしない

冠婚葬祭や病気など、予想のできないさまざまな理由で返済に困る場合もあるでしょう。
しかし、消費者金融で借りたお金を返済のための新たな借金は絶対にしてはいけません。

借金を返すために、新たに借金をすることは、結果として複数のキャッシング会社や銀行などの金融機関から返済能力を超えた借金をしてしまう多重債務に陥ってしまう場合もあります。

返済に困るような状態になってしまった場合は、まず借り入れをしたキャッシング会社など事業者に相談することが大切です。
相談する際には、自分の収入や生活の状態、借金の件数と金額、返済が困難になった理由を、嘘をつかずにありのままに話し、根本的な解決を図ることが大切です。
月々の支払い・返済額の減額などの方法などのアドバイスを考えてくれることでしょう。

キャッシング会社に相談をしにくい場合には、多重債務者などに対し、相談や助言を行っている、(財)日本クレジットカウンセリング協会、弁護士会の「法律相談センター」、地域の「消費生活センター」などの公的機関に相談すつという方法もあります。
悩みの内容に応じて、適切な団体に相談することも大切です。

HOME > 多重債務をしない